【Amazon】FBA納品時の梱包寸法に注意!配送代行手数料を抑えるためのポイント

最近売上の割にやけに利益が少ないなぁと感じて、自分の取扱商品を調べたら、相乗り対策として行っていた簡易OEM(要はロゴ入りの袋に入れたりして商標で自分の商品を守る)で、梱包寸法を意識していなかったせいで、配送代行手数料が高くなっていることが発覚しました。

皆様には同じような経験を未然に防いでほしいので、共有しておきます。

フルフィルメント by Amazonの配送代行手数料をしっかり理解しよう

まずはAmazonのガイドラインを確認します。

商品区分の定義

配送代行手数料は商品区分によって大きく異なります。

*商品(梱包資材を含む)の3辺サイズを最長の辺、次に長い辺、最短の辺の順に並べたとき、3辺全てが基準を満たす必要があります。
*3辺合計が200cmを超えるもの(170cm以上の場合は1辺90cmを超えるもの)、あるいは重量が40kgを超える商品はFBAを利用できません。
*Amazonは独自に商品または商品サンプルの重量を測定することがあり、出品者様より提供された情報と測定結果が異なる場合、Amazonが測定した重量が適用されます。
*FBAでの納品要件を満たしていない商品がフルフィルメントセンターに着荷した場合でも、Amazonの裁量にて作業の上、受領させていただくことがあります。そのような作業を行ったうえで受領された商品については、作業費用が課金される場合があります。

商品区分毎の配送代行手数料

* 標準商品は梱包資材を含む重量が2kgを超える場合に1kgごとに重量超過手数料が追加されます。また2kgを超える端数は繰り上げとなります。
* 料金表内に記載されている重量は出荷商品の重量と梱包資材の重量の合計となります。梱包資材の重量は小型は50g、標準は150gとなります。小型で総重量が250gを超える場合は標準の料金が適用されます。標準において2kgを超える端数は繰り上げとなります。(例:出荷商品の重量と梱包資材の重量(150g)の合計が2.1kgの場合は3kgとして計算。)
* 3辺の長さが一辺でも定義のサイズを超えている場合一つ上位のサイズに繰り上がります。

具体的にどんな失敗をしたのか

標準サイズで出品しているつもりが、大型商品に分類された!

とあるアパレル商品をFBAシミュレーターで確認してみたところ下記のような結果になりました。

ただのアパレル商品(薄いワンピース)なのに、純利益少なすぎじゃね?FBA手数料高すぎでは?と感じた訳です。

よく寸法見てみると、35.8×38.6となっており。。。2辺の寸法が、45×35cmを超えておりと大型商品の分類になっていることに気づきました。

そりゃ配送代行手数料が高くなるよなっと感じるところです。

私の想定では、下記のような想定でした。(別商品のワンピース)

メディア等を除く通常の商品であれば、大型商品に分類されるとFBA納品先倉庫が変わってしまうので、すぐに気づけるのですが、アパレルの場合、大型に分類されても、アパレルの倉庫に集約されるので、大型商品に分類されていることに全然気づきませんでした。

大きい商品でもないのに、なんでこんなことになってしまったかと言うと・・・

簡易OEMにおける包装指示が曖昧だったのが原因でした。

簡易OEMでロゴ入りの袋に梱包しているのですが、最小発注数量が5000枚~となるので、商品毎に適正な袋のサイズに分けるわけにもいかないので、どの大きさの商品でもある程度カバーできるように大き目(50×40cm)の袋でロゴ入りの袋を準備していました。

で、代行業者への梱包指示に、「包装後の寸法が大型商品の分類にならないサイズになるようにしてください」ということが出来ておらず、袋の大きさだけでAmazon倉庫の方に寸法を測定され、大型商品に分類されてしまった という訳です。

sponsored link

低単価商品の場合、小型に分類されないと利益が出ない

そもそもそんな低単価低利益の商品を扱うなよって突っ込まれそうですが・・・特定の分野にある程度の商品ラインナップを増やそうと思って、私はそういった商品を取り扱っています。

一例として単価800円として販売すると通常サイズは純利益314円になります。

中国輸入で低単価商品は大体10元以下と考えると、輸送費やら考慮すると経験上300~400円程度の仕入れ値になります。

となると正直利益はあるんだか無いんだかわからない状況になります。

ここで取扱い商品が小型扱いだとどうなるでしょう。

販売価格は同じ800円でも純利益は490円となり、確実に利益が出ていると判断できます。

低単価商品は薄利ですが、その分数でカバーできる可能性が多いにあるので、もし扱うことを考えるのであれば、小型寸法になるように梱包寸法には注意しましょう。

梱包指示した通りの寸法にならなかった場合の対処法

私は基本代行業者に梱包を依頼しています。代行業者に特定の寸法になるよう指示していますが、Amazon倉庫様に採寸されて指示寸法より大きい寸法に見なされるケースがよくあります。(特に厚み方向が大き目に見られがち)

そんなときの対処法をまとめておきます。

1.Amazonテクニカルサポートに連絡し、再測定依頼する

こちらから依頼できます。

ただし、申請する前に下記注意が必要です。

  • 再採寸は1ASINに付き1回まで (何度も測定はしてくれない)
  • なので、納品した商品が該当の寸法に収まっているかどうか、見込みがあるかどうかが重要
    • 例えば、カラーバリエーションで2種類出品していて、片方は小型、片方は標準サイズとして区別されてしまっていた場合、同じボリュームで同じ包装をした商品が小型に分類されていることになるので、標準サイズを再採寸してもらえば、小型サイズになる可能性はあると言えます。(結果ダメだったケースもありますが)

2.梱包方法を見直す

第一に、包装指示に寸法を入れていなければ入れるようにする。(自分で包装している人はきちんと測定する)

第二に、小型商品を意識するのであれば、厚み方向に関しては最大限の配慮をする。

小型サイズは、18×25×2cmの範囲に収めなければならないので、まず包装用袋はばらつきも考慮して、17×24cmの袋を準備すること。服とかであれば極力平べったくすることが理想なので、広げられる面積は最大限生かしましょう。アリババとかでも1cm単位で、OPP袋のサイズ違いが購入できます(1枚1円程度)。

より安全を見るのであれば、真空パックで厚さ方向は圧縮しましょう。服とかは空気を含む分厚めになりがちですが、真空圧縮すれば1cm未満にすることが容易です。

難点としては、真空圧縮用の袋代、真空圧縮の作業手数料等で数元かかってしまうことがありますが、

・安定して小型サイズに納品できるのであれば、176円のメリットがあるので、それだけでも利益を確実なものにできる

・Amazon倉庫の保管手数料も、節約できる

という利点を考えると、積極的に利用した方がいいのは明らかですね。

最近の代行業者さんは結構な確率で真空圧縮の設備を取り揃えていると思いますので、現在お世話になっている業者様がすでにおられる方は、一度相談してみてください。

※真空圧縮する際には、真空圧縮していいものかいけないものか事前に確認しておきましょう。

真空パックで保管されたことにより、本来の製品性能が失われてしまうような製品もあると思います。本仕入れする前に1pcs代行業者様の方で1week放置試験するなど、事前検証することをお勧めします。

不具合例

ダウンジャケットを真空圧縮して納品サイズは小さくしたけど、袋から取り出したらふっくら感が戻らない

アパレル服を真空圧縮したけど、袋から取り出したら服がしわくちゃ 新品なのに見た目が最悪

最後に

長くなってしまいましたが。。。

フルフィルメントbyAmazonを利用していると、手数料の高さが純利益に大きく影響します。

自分の取り扱い商品はしっかり管理して、無駄な支出がないように健全な経営をしていきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする