【ヤフオク】商品が売れない時にすべき対策はこれだ!商品名・商品説明文を改善して売上アップ!

ヤフオクで出品してもなかなか売れないな~ということ、ありませんか。

そんな状態から脱するために、改善すべきポイントを説明していきます。

自分が実践していることに対して、足りないと感じた部分があったら、改善の役に立てていただければと思います。

商品名・商品説明文の改善が最も重要!

商品名・商品説明文にきちんとした情報が入っていないと、そもそも検索されない、お客様の目にも付きません。

特に、商品名は検索に非常に強く関わる部分になるので、お客様がどんな検索キーワードで、商品を探すかをよく考え、作成することが重要です。

また、商品説明文も検索に大きく影響しますので、どういうことをすれば検索されやすいか、文言を考えて説明文を作成しましょう。

ポイントとしては、「商品に対する質問が来ないくらい、十分な商品説明文を書くこと」です。

無在庫販売とか行っていると、こんな作業してたら日が暮れちゃうよ!と思うかもしれませんが、今は運営の見回りも厳しくなっていますので、むやみに出品してリスクを負うより、少数精鋭の商品リストを作る方が無難と言えます。

売れるための商品名の付け方

ポイントとしては、販売している商品を探しているお客様がどんなキーワードで検索するか?を考える必要があります。

どんなに素晴らしい商品で、どんなに素晴らしい説明文を作成しても、お客様の目に触れなければ買われることは無いですよね。

そんなことにならないよう普段自分がヤフオクで商品を探すとしたらどうするかお客様視点で考えるといいと思います。

ではポイントを解説していきます。

①一目でどんな商品か判断できる商品名を先頭に付ける

なぜそのようにしなければならないかは↓の写真を見てください。

ヤフオクのスマートフォンアプリで検索結果を表示させたものです。

写真でもわかりますが、商品名は最初の15文字程度しか表示されません

お客様が写真を見て、どういうものなのかすぐ分かるように15文字以内に、それがどういったものか説明するようにしましょう。

②お客様がどういったキーワードで意識するか考え、そのキーワードを盛り込む

分かりやすい商品名の次は、検索対策(商品SEO)も行う必要があります。

まず、自分だったらどのようなキーワードを入れてその商品を探すか

例えば↑の画像では、女性が沢山入るトートバッグをお探しであれば、

「レディース」「トートバッグ」「大容量」

は入れますよね。

その他には

  • カラー名、装飾
    • 何色の商品なのか、キラキラなのか、光沢があるのか、マット調(光沢のない質感)、違う言語でいうと?(黒なら ブラック Black くろ は出ますよね)
  • ターゲット
    • 「メンズ(男性用)」「レディース(女性用)」「キッズ(子供用)」「ベビー(赤ちゃん用)」等、誰に向けての商品なのか
  • 別名称
    • トートバッグなら「ハンディバッグ」「肩掛けバッグ」「キャンパスバッグ」などなどいろんな言い回しも出来ると思います。
  • その他特徴
    • 柄、質感、強度、伸びはあるか、付属品はあるか

ヤフオクだから許されるキーワード

Amazonで出品ページを作ったことがある人ならわかりますが、Amazonは商品名の付け方にいろんなNGワードがあります。

ですがそれがヤフオクなら許されるキーワードであったりしますので、そういったキーワードも盛り込んでいきましょう。

sponsored link
  • 【新品】【美品】等商品の状態 これはヤフオクでよく検索されるキーワードです。
  • 【定価〇〇万円!】など高額な定価を記載、
  • 【特価】等お得な状況であること
  • 【人気】【流行り】【おしゃれ】【インスタ映え】等今トレンドであることを入力する

商品名の文字数制限に注意

商品名は65文字まで入力可能です。(2019年5月時点)

規定の文字数を超えない範囲で出来る限りキーワードを盛り込んで検索HIT数を稼ぐようにしましょう。

売れるための商品説明文を作成するポイント

次に商品説明文について説明します。

商品説明文作成のポイントは

  • 検索を意識
  • 分かりやすい
  • ストレスの無い文章量

を前提に、下記ポイントを意識して作成しましょう。

商品説明文の作成方法については、、こちらのページ、Ⅱ.項目にまとめてありますので、参考にしてください。

購入時期、その時の買値、どの程度使用したか

商品の状態を示す一つの指標ですね。

ヤフオクは基本的に中古品を取り扱っていることが多いです。

中古品を販売しているのであれば、どこで購入したか、いくらで購入したかも説明がついていると、信憑性も増しますよね。

ユーザーに安心してもらうためには、出来る限り商品の情報は詳しく説明していきましょう。

無在庫販売等をしている場合は、新品しか扱っていませんので、新品未使用ですと伝えれば十分かと思います。

傷や汚れがある場合

中古品の場合、きちんと購入者にとってデメリットとなるポイントは、必ず説明に加えましょう。

ここで伝え漏れすると、出品者は汚い点を隠す最低な出品者と思われてしまいます。

人によっては、返品トラブルにもなり得ますので、十分注意が必要えす。

サイズにも事細かい寸法情報を記載する

洋服、バッグ等、自分が購入するものは必ずサイズが気になります。

最初に説明文に書いていれば、「質問をするのも面倒だ」という人を、その商品ページに留めておくことが可能性としてぐっと上がります。

商品名に入りきらなかった検索キーワードを説明文の末尾に設ける

検索に関わるキーワードの数が多ければ「商品名にもっと検索ワード入れたかったのに!」となることがあります。

そんな時は、商品説明文の最後の行検索に関係するキーワードを並べてしまいましょう!

ここまで徹底すれば、商品説明文も検索に関係しているので、ユーザーがそのキーワードを検索すれば検索対象となります♪

売れている商品からヒントを得よう!

オークファンオークフリーといったサイトでは過去に落札された商品を閲覧できます。

売れている商品の商品名の付け方、商品説明文の書き方を参考に、自分の言葉で作ってみるのも参考になります。

(コピペはダメ、絶対!)

一度作成してしまえばそれが資産!一つでも多く売りたいのであればしっかり作って!

ヤフオクではApptool等で出品情報を記録して留めておくことが可能です。

何度も出品に使えますので、手抜きすることなく、しっかり作っていきましょう!

頻度としては、1日1~3商品、継続して行うことが重要です。

塵も積もればなんとやら。

コツコツやり続け、習慣化することで次第に負担にならなくなるので、焦らず継続して改善していきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする