オークタウンに登録した情報をバックアップ

オークタウンに登録した情報をダウンロードする方法+画像項目の編集についてまとめていきます。

オークタウンに登録した情報をダウンロード

バックアップに出力する商品は、管理番号欄にあるチェックボックスにチェックを入れます。

その後、CSV形式でダウンロードをクリックします。

Windows10であれば、ダウンロードフォルダに、CSV_easy_xxxxxxxxxxxxxx.csvというファイルが生成されます。

これでファイルは作成できました。

バックアップファイルの画像項目を編集する

次はこのファイルの画像項目を編集します。

CSVファイルを開きます(Excelがお持ちのPCにインストールされていればExcelで開かれると思いますが、そうでない場合は、右クリップ>プログラムから開く>Excelを選んで起動してください)

そうすると下図のような画面が開きますので、囲った部分(画像)について編集していきます。

画像ファイルは、別ページで作成しておりますので、そのファイル名を入力していきます。

Amazon商品のASINコード + _ + 数字(枚数)

ですね。

の商品であれば

画像1 に B001UQWSYO_1

画像2 に B001UQWSYO_2

画像3 に B001UQWSYO_3

といれていきますが、いちいちタイトルと画像が一致するのを確認するのは面倒ですよね。

そこで役立つのが、一個めの画像にだけ追加したコメントです。

商品登録時に画像1コメントにファイル名を記載してあったのでASINも丸わかりですね。

さらに画像を登録した分だけ、画像の項目にURLが入力されているので、その項目に数値が一致するように入力していきます。

最後に、画像1コメントに記載してある項目を削除します。

これで完了です。保存しましょう。

(画像のASINが本当に一致しているか不安があれば、タイトルをコピー>Amazon.co.jpの検索欄に貼り付け>検索 で商品ページが表示されますので、そこから確認しましょう。)

2019/2/28追記

sponsored link

CSVファイル編集して保存する際にカテゴリ、JANコードの表示がおかしくなってしまうことがわかりましたので下記の手順を加えてください。

まずCSVファイルをExcelで開くと下図のような表示になるかと思います。

A列とI列の列選択(Ctrlを押しながら列記号である「A」と「I」をクリック)した状態で、右クリックを押します。

そうすると下図メニューが表示されるので、「セルの書式設定(E)」を選択します。

セルの書式設定のウィンドウが立ち上がりますので、下図のように編集します。

  1. ①「数値」を選択
  2. ②小数点以下の桁数(D)を【0】にする
  3. ③下図と同じ項目を選択する
  4. ①~③を行ったら④の【OK】を押す

すると下記のような表示になります。これで完了です。

JANコードの表示が数値でなくなっているのは、表示領域が足りていない場合に表示されるものです。

I列の幅を増やしてやれば正常に数値が表示されます。

作業効率化

ここからは作業効率化の1案を紹介していきます。

画像1コメントに記載してあるB001UQWSYO_1を適当な個所に一度コピーします。

コピーしたセルの右下に黒いぽっち(下図の青丸で囲った部分)を右クリックを押した状態でカーソルを下に移動させて右クリックを離します。

下図の選択画面が出てきますので、連続データ(S)を選択します。

すると下図のように アンダーバー後の数字が連続数値となってコピーされます。

それぞれのセルをコピーして、XXXX_2 は 画像2 の項目へ XXXX_3 は 画像3 の項目へコピーしていきます。

※コピー&ペーストはショートカットキーを使っていきましょう。

コピー:Ctrl + C

ペースト:Ctrl + V

ここまでで完了です。

最後に画像ファイルとこのCSVファイルを一つのフォルダに入れて、ZIP形式にまとめればバックアップ完了です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする