海外旅行海外出張でスマホを使用するには?低価格な方法を紹介!

海外へ旅行や出張にいくときに当たり前のようにスマートフォンが使えると思っていませんか?

契約内容にもよりますが、使えてもものすごく高額になるケースもあるので注意が必要です。

お手頃な価格で、海外でもスマートフォンが使える方法を紹介します。

どうする?海外での通信

海外では通信環境を整えることが重要です。

今となってはスマートフォンは、同行者との連絡、地図、翻訳、サンプル画像等、仕入れや旅行には必須となっています。

そのスマートフォンが使えなければ意味がないので、海外に行く際には、しっかり環境を整えていきましょう。

オススメする方法は下記の通りです。

  • Wi-Fiルーターのレンタル
  • SIMカードの購入

Wi-Fiルーターのレンタル

Wi-Fiルーターをレンタルします。受取は各社によって異なりますが、ほとんどは空港受取か宅配便での配送になります。

業者は下記の通り。

  1. イモトのWi-FI
  2. Wi-Ho!

  3. グローバルWi-Fi

4GLTEが1GB/日 でタイなら大体500円~って感じではないでしょうか。

  • メリット
    • お持ちのスマートフォンをそのまま使える(スマートフォン側で特殊な契約なし)
  • デメリット
    • Wi-Fiルータを持たなければいけないので、荷物が増える
    • レンタルなので失くしたら弁償(保険に入るのをお勧めします)

申し込む際の注意点もあります。

使用できる国

業者によって、使用できる国が異なります。

グローバルWi-Fiなら世界200以上のエリア、JAL ABECなら177カ国など、使用できるの数が異なります。

該当する業者の海外Wi-Fiが、自分の渡航先に対応しているかは事前にチェックしましょう。

料金・特典・プラン比較

料金や特典、プラン業者によって異なります。訪れるのが1カ国の場合は1カ国のみのプラン、タイにいったり中国にいったり等、2カ国以上訪れる場合はアジア周遊など、2カ国以上を網羅したプランを選んだほうがお得なこともあります。

またオプションも事業者ごとに異なり、盗難補償やモバイルバッテリー(これは必須です。自前かレンタルで絶対準備しましょう)といったサービスがあります。

自分に合ったプランを選んで料金比較するのがいいですね。

通信速度・通信容量

プランを選ぶ際には、通信速度、通信容量にも注意が必要です。

普段我々が使用しているのは4GLTEなので、その内容であることを確認しましょう。安いからと言って3Gしか使えないプランを選ぶと電話やLINE等にしか使えないかと思います。

また、普段自分がインターネットしていたら一日当たりどの程度通信しているかも確認しておきましょう。

契約に多い500MB、1GBで十分かどうかはその人次第ですので、自分にあった契約をしておきましょう。(お金持ちなら無制限一択ですね(笑))

SIMカードの購入

スマートフォンのSIMカードを現地対応したものに差し替える方法です。

sponsored link

SIMカード自体は使い切りでどこにでも売っています。

例えばタイにいくなら

中国にいくなら

と、数個抜粋しましたが、契約内容にって結構細かく商品ページがありますので、自分がいいと思うものを購入してみてください。

これにはSIMロックが解除されたSIMフリーのスマートフォンが必要になります。

au,Softbank,docomoの3キャリアを使用している人でも、最近は条件さえ満たせば、SIMロックを解除できます。(ネットですぐ)

わざわざSIMフリースマートフォンを買わなくても、SIMロックを解除できればSIMカードの差し替えだけで海外でも使えるようになります。

  • メリット
    • Wi-Fiルータのレンタルよりは安く済む
    • ルータ等の荷物が減る
  • デメリット
    • SIMフリースマートフォンが別途必要
    • SIMカード紛失の恐れ
      • こういったケースを必ず準備しましょう

どうしてもSIMフリースマートフォンが準備できない場合は、SIMフリーWi-Fiルータを購入するといいでしょう。

レンタルではないですが、自前でWi-Fiルータをもっていくので、安く済みます。

SIMフリー ルーターのAmazon検索結果

最後に

物販ビジネスを続けていれば、中国やタイにいくことも出てくると思います。

海外では商品をスマートフォンで調べて画像を見ながら片言で議論したり、地図アプリなどでタクシーの運転手に目的地を説明したり、翻訳アプリで翻訳することもあり、通信環境がないと何もできないと言えます。

せっかく高いお金を出して海外までいくのですから、変に節約なんかせず、準備費用を出してでも最大限活かせる環境を整えていきましょう1

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする